FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイリッシュモスって?

アイリッシュモス_convert_20121208175936


大阪で開催するDanのアイリッシュモスクラス、アイリッシュモスって何?
との質問を頂いたので、こちらでも説明を。


アイリッシュモスは海藻です。
植物性ゼラチンの力でかためるので、寒天のように火を入れる
ことなく、もちろん動物性(主に豚由来ですね)のゼラチン
を使わなくてもふんわり、プルプルな食感のものがつくれます。


例えば・・・

卵やゼラチンを使わないプディング、アイスクリーム、ホイップクリーム、
クリームパイ、ソースやドレッシングはもちろん、ローフードでは
これを使って焼かないスポンジケーキも作ります。


今回、ダンのお料理が初めてローフードを食べる人にも
大好評らしく、各地で大絶賛されています。味がしっかりしていて
食べ応えがあるのに、お腹が張らない。
これはこのアイリッシュモスの使い方が鍵のよう。


ローフードでよく使用するナッツは栄養価が高く、しっかり
お腹にたまるのですが、脂肪分も高く。。いくら生のナッツでも
消化に時間がかかります。


その点、このアイリッシュモスは海藻なのに栄養価もとても
高く、たんぱく質、臭素、βカロチン、カルシウム、マグネシウム、
鉄分、リン、カリウム、亜鉛、ビタミンB群、硫黄化合物(タウリン等)・・・
そして、もちろんヨウ素も含まれています。


ちょっとアーユルヴェーダ的なことを書くと

1.栄養失調・病後の回復・老化・ヴァータ過剰状態・甲状腺
ホルモン異常に効果を持つハーブ。

2.身体の基本的な血漿組織であるラサに作用して体液を増し、
ミネラルを補給して、回復を促進させ、若返る。

3.乾燥したカパや肺の中にたまったアーマ(毒)を柔らかくして
取り除く。

4.腺の炎症を抑え、栄養を補給し、浮腫をとる。

5.皮膚や粘膜の乾燥や炎症を抑える。

などなど。海藻なのに?です。

風邪にも効果があると言われていますので、これからの
季節にもおすすめです。


こんな栄養価が高く、且ついろんなお料理に変化する
アイリッシュモスの使い方を直接教えてくれるクラスは
まだありません。
それもアイリッシュモスのマスターともいえるDanから。


ヘルシーでちょっと変わったおいしいお料理のレパートリーを
増やすのにもおすすめです。


まだ少しお席が残っていますので、この機会にぜひお越し下さい。


【日 時】
    12月16日(日)
    アイリッシュモスクラス 16:00 ~ 18:30

       
【会 費】  
     アイリッシュモスクラス  ¥6,500
      ※クラスは資料、レシピ、試食、1ドリンク付  


【場 所】 cafe 草の葉 
      カフェ 草の葉 リーブズオブグラス
       http://www.leaves-of-grass.net/
            東大阪市御厨中1-1-22
               近鉄奈良線八戸の里より歩いて約10分


【お申し込み/お問い合わせ】

aoi_1424☆yahoo.co.jp へ
         (☆を@に変更をお願いします)
       
   ① 件名『イベント申し込み』               
   ② お名前
   ③ 連絡先(メールアドレス・電話番号)
   ④ ご希望の日時、内容
   ⑤ 参加人数
   
  を記入してお申し込み下さいませ。後ほど詳細を
  連絡させて頂きます。  





にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aufu.blog106.fc2.com/tb.php/223-2adc1db9 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。