FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【イベントのお知らせ】 Raw Food Days in OSAKA

NYのローフードレストラン、QuinteccenceのオーナシェフDanによる、
大阪でのローフードイベントです。
今回は初めてのレシピ付のお食事会に加え、初めてのアイリッシュモスクラス、
デトックスクラスを開催します。

予定している内容につきましては別の記事に書いています。
こちらをチェックしてください。 → 【予定している内容】



日・時 予約制  ※クラスは延長する場合がございます。

12月15日(土)  デトックスクラス  13:00 ~ 15:00
          ディナー       18:00 ~ 21:00
                   

12月16日(日) ランチ         11:00 ~ 14:00
         アイリッシュモスクラス 16:00 ~ 18:30

                          
   
会 費  食材準備の都合上、先にお支払いをお願い致します。
     お振込みを完了した時点でお席のご用意をさせていただきます。
          
    ・ランチ    ¥5,000
     (5品くらいのコース メニューから数点のレシピ付)  
    ・ディナー  ¥6,000
     (6~7品くらいのコース メニューから数点のレシピ付)
                        ※どちらもドリンク別
   ・デトックスクラス  ¥4,500(資料、レシピ、試食、1ドリンク付)
    ・アイリッシュモスクラス  ¥6,500
                   (資料、レシピ、試食、1ドリンク付)  


場 所 カフェ 草の葉 リーブズオブグラス
           http://www.leaves-of-grass.net/
            東大阪市御厨中1-1-22
               近鉄奈良線八戸の里より歩いて約10分




お申し込み/お問い合わせ

           aoi_1424☆yahoo.co.jp
             (☆を@に変更をお願いします)
             ① 件名『イベント申し込み』
             ② お名前
             ③ 連絡先(メールアドレス・電話番号)
             ④ ご希望の日時、内容
             ⑤ 参加人数

        を記入してお申し込み下さいませ。後ほど詳細を
        連絡させて頂きます。  



ローフードって?

基本は菜食で、生の野菜や果物が持つ生命エネルギーを最大限活かす形で
頂く事ができるように、通常、48℃以下で調理された食べ物のことです。
人間の消化システムの働きを重視し、酵素、酸素、栄養素、エネルギー
という自然の恵みをできる限り損なわない形で心と体に取り入れる食事法
でもあります。
食材を48℃以上で加熱する事で、酵素の非活性化が始まり、ビタミン、
ミネラル、ファイトケミカルなど、多くの栄養素が高温処理で破壊されて
しまう事から基本的に48℃以上での加熱調理は行いません。



Quinteccenceって?

Quinteccence(クインテッセンス) 
1999年のオープン以来100%オーガニック、100%ローフードにこだわり
続けるNewYork最古参のローフードレストラン。そのオーナーシェフ
であるRaw Chef Danの創り出す世界はグルメローフードの枠を超えた
レストランローフードと言えるもの。
類まれなるセンスのクリエイティブな ローフードにより、地元NYの
ローフーディスト、ヘルスコンシャスな方々のみならず、ローフード界で
活躍中のリーダーやシェフ達も含め、10年以上に渡り魅了し続けている
人気レストランです。



講師紹介

Raw Chef Dan(ローシェフ ダン)

12年の歴史を持つローフードレスラン「Quintessence」のオーナーシェフ。
彼自身がローフードを始めたのは15年以上も前にさかのぼる。
ミュージックプロデューサーとしてレコーディングスタジオビジネスを経て、
あるきっかけを機にファスティング、クレンジング、そしてローフードへと
たどりつく。これは彼にとって新しい世界と可能性への目覚めとなる。

1999年、ビジネスパートナーであるTolentin Chanと共にニューヨーク、
イーストビレッジにローフードレストラン「Quintessence」をオープン。
すべての食材がオーガニック、そして料理のすべてがローフードという
世界で初めて成功したレストランであり、現在もビジネスとして
成功し続けている。

また、ローフードクラスやワークショップを開催。
この10年はアメリカ国内をはじめ、アジアや南アメリカでも開催に至る。
シェフトレーニングコースではカナダ、イギリス、スペイン、アジアなど
他国から足を運ぶ生徒も多い。

ローシェフダン個人としても多数のワークショップやレクチャー、
パーティー、プライベートディナー、ウェディングなどのケータリングや、
クインテッセンスの立ち上げ、設計、長年の運営経験により、
ローフードレストランのコンサルティングの仕事も行う。

ここ数年では、NYCにある「Organic Avenue」をはじめ、
たくさんの小店舗、イベント、個人経営のローフードビジネスなどの
コンサルティングを手がける。

スペインのマドリッドでは、ローフードレストラン「Crucina(クルチーナ)」
の設計、建築、メニュー開発、運営マニュアル設定を自ら行う。
ダンの今の夢は、日本でローフードレストランを開くことである。


通訳紹介

Kayoko Ogawara(オガワ カヨコ)

2007年にローフードと出会い、
ファスティング、クレンジングを経て、アトピーを改善。
ダンのアシスタントとして日本でのイベントに携わる。





にほんブログ村



にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aufu.blog106.fc2.com/tb.php/197-930859c3 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。