FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暦のワークショップ概要について

2012.06.15 イベント
今年も冨田さんが和歌山へやってまいります!


ワークショップを主催してくれていたじゅんこさんが
新たな旅に出るため、今回関わらせて頂くことになりました。


13の月の暦の存在を知り、色んなワークショップに出たり、
手帳を使うようになり、はや8年位、旧暦を意識するようになり約5年。
とはいっても、シンクロの波がバンバン感じられる日ばかりではなく、
調子がよければ・・・な感じ。
なかなか自分が思い描く『 Time is Art 』 を過ごせていません。。



つい、意味や理解することに走ってしまうので、もっと自分の身につけたい。
昔の人はいちいち暦をみてなかったはず。私もそうなってみたい。
という思いは強く。。



なので今回、冨田さんに注文したこと。

・帰ってからも自分なりの暦が使えるようになりたい。
   (手帳に予定を書き込むだけでなく・・・)

・中級、上級者が暦を使って実際体験したことを聞きたい。
 日常生活でどういうふうに使っているか知りたい。

・暦を感じたい。

・一方的に話を聞く勉強っぽいのだけでなく、体験する双方向の参加型にしたい。

もっとざっくりな内容でしたがさすが冨田さん、
見事に私の希望を汲み取ってデザインしてくれました。


概要は当日までのお楽しみ。で黙っておくのもいいのですが、
この2日参加したら、13の月の暦も旧暦も地球暦も全部網羅できる!
立体的に使えるようになるんじゃないかと思える内容なので、
ぜひとも紹介したく・・・


習うより慣れろ!暦にど~っぷり浸かって体に染み込ませよう。
な、まさしく暦と「ワーク」な内容です。
できればこのワークは格闘じゃなくダンスしたい(笑)


どちらもその時の参加者の空気や流れでフレキシブルに対応
して頂きますので、変更する可能性もありますが、ざっくりと
こういう感じです。



1日目 13の月の暦や旧暦を紹介しながら

・なぜ暦を見直すことが大事なのか。
  時間というものに対する視点・世界観・宇宙観の醸成。
  マヤの長期的な時間感覚と宇宙観。
  陰陽思想。
  グローバリズム、マネーシステムからの卒業。
  依存から自立へ。
                 など。

できるだけ「話を聞く時間」「周りの人と話す時間」を設けます。
冨田さんからや自分自身からの問いかけを通して
その時感じた感覚を自分なりの言葉にすることから起こっている変化を
定着させていく。


暦や時間というものを知り、時間に対するイメージが
どう変化していったかを見つめ、落とし込む1日になりそうです。


この、マネーシステムからの卒業は今までお金で
悩んだり、困ったりしたことがある人はぜひ!



2日目

・暦を使う1「日本の暦と陰陽五行」
  太陽暦(二十四節季、春夏秋冬+土用)
  大陰暦(朔弦望)
  暦を使うとは?・・・観察(太陽と月、自然、心身)~記録(過去、結果の記録、未来の予定の記録)
           ~読み取り~蓄積・理解・共有
  陰陽五行の実践例(心身と季節、月の満ち欠けの対応、養生法)

・暦を使う2「13月暦」
  瞑想、心身や自然界へのチューニング、人間関係の捉え方(優劣、善悪を超えたつながり)、
  未来と過去への理解(周期を持った時間、シンクロする時間)など

・暦を使う3「太陽系時空間地図・地球暦」
  太陽系の一員であるという実感を具体的なものにする。
  地球号を乗りこなす。惑星を感じる、とらえる、使う。流れを読む、流れに乗る。
  銀河人として生きる。


2日目は日常生活での暦の活かし方という感じでしょうか。
3つの暦を一度に知ることでそれぞれの暦の理解がさらに深まると思います。

文字にすると難しそうですが、個人的には暦はあくまでもツールで、
暦を知り、体感することで自分の意識を広げていくグループセッション
みたいにもなるんじゃないか。とワクワクしています。


もちろんきちんとデザインされていますので、1日だけの参加も大丈夫です。


!ときた人、暦、最近気になるわ~って人、暦って何?な人
どうぞご参加ください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aufu.blog106.fc2.com/tb.php/173-946bfe96 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。