スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【緊急拡散お願いします】

2012.03.14 未分類
お知らせ以外で久しぶりに書く内容がこんな内容で、悲しい。


いつもお世話になっている知り合いから緊急でお知らせがきました。

以下転載します。

************************************************



緊急お知らせいたします

《拡散よろしくお願いいたします》

和歌山市に東北からの瓦礫の受け入れが緊急決定間際となってます!

市議会議員全会一致で受け入れ方向へ向かっています

明日和歌山市に陳情書を提出しに行き 市民の声を伝えることになりました



3/15(木)AM 8:30   和歌山市役所前集合



一人でも多くの方のご参加をよろしくお願いいたします

放射能の危険性をちゃんと理解してもらうため、自然を守るため、

市民の思いを伝えるためにどうぞよろしくお願いいたします




************************************************


あおいを始めた直後に起こったあの大震災。
私個人としてもいろいろ感じることがありました。
夏には福島の親子もあおいで受け入れました。


最近は東北だけでなく関東の方でも健康被害が出ているというような
情報も聞きます。


ローフードを取り入れるようになり、自然が豊かで
驚くほど多くの種類の地元産の野菜や果物が
食べられる和歌山は本当に素敵なところだと感じています。
そして、こういう自然や環境が生きていくことに
何よりも大切なものだと思うようになりました。


あおいでは和歌山産の野菜や果物、それもできるだけ無農薬などの
確かな食材。と思って探しています。とはいっても楽しんでも
もらいたいから彩りに韓国産やオランダ産のパプリカを使用し、
人参など、地元のものが手に入らない時は九州産のものを
主に使用しています。


でも震災から1年、気をつけているとはいえ、最近ふと本当に
安全で安心な食材、お料理を提供できているのだろうか。
と背中が寒くなる時があります。
私は放射線測定装置を持っていません。


もちろん自分が食べるものもそうです。
私はスーパーで売っているものも食べるし、外食もする。
魚もちょっとは頂く。できるだけ小さい魚で、近く〜九州とか
日本海で獲れたもの。と意識しているけど、海は土以上につながっているし、
魚、そのえさになるものも海水に流れ込んだ放射能物質に汚染されるし。


まだ安全だといわれている和歌山にいても食材を選ぶのに
気を遣うし、今までならおいしそう!とか新鮮!とかで
選んでいたりしたのに、今はまず産地を確認。
私も風評被害を助長しているのかと思ったり、こんな状態を
悲しく思うことがあります。
自分にも責任はありますが、これは防げたことだと思うから。


もちろん、悲しんでいるだけではなく体に良くないものを取り入れても
すぐに出せる体づくりも大切だし、お客さまにも伝えています。
神経質だと言われるかもしれないけど、お金を頂いて
提供している以上、それも体にいいというロー&リビングフードを
提供する以上、もし自分が少しでも内部被ばくの原因を作っていたら。。
面白くないといわれても、気を遣いすぎる位でも足らないと
思うのです。
それが人に何かを提供(発する)している側の1つの
責任の取り方のような気がしています。
そして私も全然足りてないと思っています。


がれきの処理については人それぞれ意見はあると思いますが、
簡潔に言えば私は全てのがれきが完璧に安全性を立証されていないことや
それを監視するシステムがないこと、東電の責任がいまいち明確に
なっていないことなどから今はがれきを動かすよりも
そこにいる人を動かす方法を考えたほうがいいと考えています。
何も言わないモノを動かすより難しいとは思うけど。
確かに東北の人たちの事を考えると心は痛みます。
自分のところさえ良ければいいとは思っていないつもりです。
でも、今の状態で受け入れしたら日本中が共倒れになるように
思います。


自分たちが選んだ議員だとは言え、どうしてこういうことを
自分たちで、しかも内(会議)で決めようとするんだろうか。
それもこっそり。
いろんな意見を同じテーブルに挙げて議論すべきだと思います。


今、問題になっている山口周辺の産業廃棄物の処理施設建設についてもそうです。
あれも本当に水面下で市民が知らないうちに進んでいます。


関西の中ではまだ第一次産業の割合が多く、観光で売っている
(売りたい)和歌山(市)なんか、もしこれが原因で
環境汚染なんかになったらもっと今以上に人口も減り、
財政も逼迫すると思うのだけど。


和歌山市が受け入れたら県内の他の市町村もきっと受け入れざるを得なく
なるんじゃないかとも思います。


明日は平日だし、お仕事がある方は無理かもしれませんが、
思いが形になるように、気持ちだけでも市役所に届けて
頂ければと思います。


私、明日はたまたまバンダジェフスキー博士の
講演を聞きに京都へ行くためお休みを頂いているので
市役所へ行きます。
博士も日本でがれきを動かすのは良くないと言ってます。
私1人行ったところで・・・と思ったりもするけれど、
後で「あぁ、あの時行くだけでも行っとけばよかった。」
なんて思いながら食材を選んだり、作ることになるのは嫌。


こういうタイミングで起こったのも何か意味があるのかなぁ。


何もなかったら「あの時、あんなことまでやったなぁ」って
笑い話にできるけれど、何かあった時。。


震災以降、人が生きていくうえで何が一番大切なんだろう。と
考えています。私は父が早くに死んだこともあり、やっぱり健康。
心身共に元気であれば大概のことはできる。


もちろん人それぞれで、それでOKなんだけど、もし今の状況に
不安や?がある人はできることを行動に移してもらえればと
思います。



よろしくお願いします。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aufu.blog106.fc2.com/tb.php/159-9e3662c8 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。